第24回 全国棚田千枚田サミット 長野県 小谷村 おたりむら

小谷について

長野県の北西の端、北アルプス白馬三山の麓に位置する小谷村。人口約3,000人が暮らす小さな村です。
小谷村の魅力は棚田だけではございません。
小谷村には、高山植物の宝庫【栂池自然園】や日本百名山の一つ【雨飾山】、神秘的な佇まいを見せる鎌池などがあり、自然を存分にお楽しみいただくことができます。
疲れをいやす温泉も数種の泉質があり、中には、武田信玄の隠し湯と伝わる温泉もございます。
また、かつて、日本海から内陸部へ塩を運んだ塩の道、その宿として栄えた牛方宿や番所など、今も歴史の息吹を感じさせる貴重な建物も現存しています。

ヤセ尾根

スケールの大きい自然や歴史を誇る小谷村は「春」「夏」「秋」「冬」四季折々、どのシーズンも見どころ満載。
特に冬は、美しく深い雪景色をご覧いただくことができます。小谷村のゲレンデには、上質なパウダースノーを求めて、全国各地からたくさんのお客様がスキーやスノーボードを楽しみにいらっしゃいます。
そのような「観光地」としての一面をもちながら、少し集落へ入れば、昔ながらの暮らしが今でも色濃く息づいています。山と谷に囲まれた急斜面の土地で営まれる里山の暮らしは、まさに日本の原風景です。

鎌池
小谷村観光公式サイト